アルガンオイルの用途

アルガンの樹の種子から抽出されるアルガンオイルには、たいへん優れたスキンケア効果があります。抗酸化作用アンチエイジング効果保湿作用肌を柔らかくする作用シミ取り効果など。そのうえ、皮脂の成分に近いため低刺激で、肌への吸収も早く、使い心地がサラリとしています。大変希少価値の高いアルガンオイルですが、用途が幅広いので一瓶持っていれば重宝します。

アルガンオイルの活用法のひとつは頭皮のケアです。頭を洗う前にアルガンオイルを頭皮に垂らし、マッサージします。すると、毛穴から皮脂が浮き出して洗い流しやすくなります。もしも時間があれば、オイルを頭皮に垂らしてまんべんなく伸ばしたあとにヘッドキャップをかぶり、5分ほど蒸らしてからマッサージすると、より効果があります

また、アルガンオイルはヘアケアにも効果的です。シャンプーをしてよく流し、タオルドライしたあとに、手のひらにアルガンオイルを伸ばし、髪にまんべんなくなじませましょう。髪への栄養補給ができ、保湿をして髪をダメージから守ることができます。

アルガンオイルが配合されたシャンプーを使えば、以上のような効果を簡単に体験できるといえます。頭皮と髪の健康のため、アルガンオイル入りのシャンプーを活用するのはどうでしょうか?

推奨HP|美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

アルガンオイルの効能

髪や肌によく、希少価値の高いアルガンオイル。その成分や効果についてお話します。

アルガンオイルにはオレイン酸が豊富に含まれています。オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種で、もともと皮脂中に存在し、肌を乾燥から守り、バリアをつくってくれています。また、オレイン酸は皮膚を柔らかくする効果があり、小じわ解消を助けます。

また、アルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEを豊富に含むオイルにはオリーブがありますが、アルガンオイルにはオリーブオイルの4~10倍ものビタミンEが含まれています。ビタミンEは天然の防腐剤とも呼ばれ、抗酸化作用に優れ、お肌のターンオーバーを助けてくれます。

さらに、アルガンオイルにはリノール酸も豊富に含まれています。リノール酸には老化防止作用、抗炎症作用、保湿作用などがあり、肌のバリア機能をアップさせるなど、非常に高いスキンケア効果があります。

リノール酸は酸化しやすいという弱点があるのですが、アルガンオイルにはビタミンEも豊富に含まれているため酸化しにくくなっています。そのため、リノール酸の効果が長持ちするオイルとして重宝されています。

高い美容効果のあるアルガンオイル。アルガンオイル入りのシャンプーを使えば頭皮の健康が促進され、丈夫な髪の毛をつくることができるでしょう。

髪にいいシャンプー

食用にしても良し、ヘアケア、スキンケアに使っても良し、多種多様な用途をもつアルガンオイル。体に良いうえ低刺激であるため、原産地のモロッコでは生まれたばかりの赤ちゃんの健康を願い、一滴飲ませる風習があるそうです。

その効能と希少さから、地元では「モロッコの黄金」と呼ばれるアルガンオイル。そんなアルガンオイルを配合したシャンプーがひそかに注目を集めています。このサイトでは、アルガンオイルとはいったい何なのか、どんな効能があるのかなどについてお話しします。

アルガンオイルとは、アカテツ科のアルガンという樹の種から採れるオイルのことです。アルガンの樹はモロッコの南西部、サハラ砂漠の一部に生息しています。アルガンの樹のすごいところは、砂漠という過酷な環境下で、数年雨が降らなくても生きていけることです。なぜなら、地下に20~30メートルもの根を張り伸ばし、水分を吸収しているからです。

その生命力の強さから注目が集まったわけですが、その強さの秘訣は根っこ以外にも、アルガンが蓄えている成分にもあります。アルガンの種子に蓄えられるオイルには、大変優れた抗酸化作用があるのです。このオイルを抽出して食べたり、皮膚や髪の毛に塗ったりすることで、保湿やアンチエイジングの効果が得られます。

しかし、アルガンの樹は一部の地域にしか生息せず、そのうえアルガンオイルは30kgの種子からたった1リットルしか採れないため、たいへん希少価値が高くなっています。このアルガンオイルが配合されたシャンプーを使えば、髪や頭皮がしっとりとすることでしょう。