髪にいいシャンプー

食用にしても良し、ヘアケア、スキンケアに使っても良し、多種多様な用途をもつアルガンオイル。体に良いうえ低刺激であるため、原産地のモロッコでは生まれたばかりの赤ちゃんの健康を願い、一滴飲ませる風習があるそうです。

その効能と希少さから、地元では「モロッコの黄金」と呼ばれるアルガンオイル。そんなアルガンオイルを配合したシャンプーがひそかに注目を集めています。このサイトでは、アルガンオイルとはいったい何なのか、どんな効能があるのかなどについてお話しします。

アルガンオイルとは、アカテツ科のアルガンという樹の種から採れるオイルのことです。アルガンの樹はモロッコの南西部、サハラ砂漠の一部に生息しています。アルガンの樹のすごいところは、砂漠という過酷な環境下で、数年雨が降らなくても生きていけることです。なぜなら、地下に20~30メートルもの根を張り伸ばし、水分を吸収しているからです。

その生命力の強さから注目が集まったわけですが、その強さの秘訣は根っこ以外にも、アルガンが蓄えている成分にもあります。アルガンの種子に蓄えられるオイルには、大変優れた抗酸化作用があるのです。このオイルを抽出して食べたり、皮膚や髪の毛に塗ったりすることで、保湿やアンチエイジングの効果が得られます。

しかし、アルガンの樹は一部の地域にしか生息せず、そのうえアルガンオイルは30kgの種子からたった1リットルしか採れないため、たいへん希少価値が高くなっています。このアルガンオイルが配合されたシャンプーを使えば、髪や頭皮がしっとりとすることでしょう。