アルガンオイルの効能

髪や肌によく、希少価値の高いアルガンオイル。その成分や効果についてお話します。

アルガンオイルにはオレイン酸が豊富に含まれています。オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種で、もともと皮脂中に存在し、肌を乾燥から守り、バリアをつくってくれています。また、オレイン酸は皮膚を柔らかくする効果があり、小じわ解消を助けます。

また、アルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEを豊富に含むオイルにはオリーブがありますが、アルガンオイルにはオリーブオイルの4~10倍ものビタミンEが含まれています。ビタミンEは天然の防腐剤とも呼ばれ、抗酸化作用に優れ、お肌のターンオーバーを助けてくれます。

さらに、アルガンオイルにはリノール酸も豊富に含まれています。リノール酸には老化防止作用、抗炎症作用、保湿作用などがあり、肌のバリア機能をアップさせるなど、非常に高いスキンケア効果があります。

リノール酸は酸化しやすいという弱点があるのですが、アルガンオイルにはビタミンEも豊富に含まれているため酸化しにくくなっています。そのため、リノール酸の効果が長持ちするオイルとして重宝されています。

高い美容効果のあるアルガンオイル。アルガンオイル入りのシャンプーを使えば頭皮の健康が促進され、丈夫な髪の毛をつくることができるでしょう。